HOME商品情報情報・産業システム低放射(断熱)・遮熱フィルム

低放射(断熱)・遮熱フィルム

暖房熱の流出を抑制し(低放射・断熱・低熱貫流率)、日射熱をカットする(遮熱・日射調整)ガラス用省エネフィルム。
夏は涼しく冬は暖かいまま、空調費用を削減します。

低放射(断熱)・遮熱フィルム (低熱貫流率・日射調整フィルム)※写真をクリックで拡大


MF-500

夏場の日射熱を約43%カットし、冬場の暖房熱の流出を約23%抑制することで(※)、年間を通じて省エネを実現できる断熱(低熱貫流率・低放射)・遮熱(日射調整)フィルム。
※単板ガラス3mmに施工した場合

遮熱効果:太陽光の日射熱を約43%カット
遮熱効果:太陽光の日射熱を約43%カット
断熱効果:暖房熱の流出を約23%カット
断熱効果:暖房熱の流出を約23%カット
窓近傍に置いた机の温度を比較すると、MF-500を施工したガラスの前と未施工のガラスの前で最大で15~20度違う結果となりました。
窓近傍に置いた机の温度を比較すると、
MF-500を施工したガラスの前と未施工のガラスの前で
最大で15~20度違う結果となりました。
(2016年10月26日 富士フイルム富士宮工場独身寮にて測定)
【導入効果】

● 年間を通じた省エネ効果で、空調費用の削減。
● 地震や衝突によるガラスの飛散防止。
● 人体に有害な紫外線を99%以上カット。

施工前→施工後
【特長】

● 部屋の中の明るさを保つ高透明フィルム。
  外観を損なわず、また外の景色が見えにくくなることもありません。

● ギラつき(可視光線反射)が少ない。
  太陽光の反射によるまぶしさを抑えます。

● 電波透過率99%以上。
  このフィルムによって電波が入りにくくなることはありません。

page top