HOME商品情報情報・産業システムブックスキャナー

ブックスキャナー

e-文書法や個人情報保護法の対応、企業のIT化推進等に不可欠な情報のデジタル化やWeb対応、活用システムの構築について、多様なニーズにお応えする各種スキャナーをラインアップ。
書籍など製本された対象物を裁断せずに、上向きのままスキャニングできる、フェイスアップブックスキャナーをご提供しています。

ブックスキャナー※写真をクリックで拡大


PS 5000CMKII
PS 5000CMKII

A3対応オーバーヘッドスキャナー
PS 5000CMKII

● 文献や書籍を上向きのままスキャニング。
貴重な資料の破損や劣化を防ぎ、書籍を裏返す手間と時間を省きます。
● 分厚い書籍やバインドされた資料、精密な立体物もスキャン可能。
● 原稿背厚100mmまでスキャニング可能。
● 「ブック補正機能」搭載。
・本を開いた時に発生する中央の歪みを自動補正。
・綴じ部の影や原稿押さえの指跡も消去。

【最大原稿サイズ】 A3


BookPro 5000CMKII
BookPro 5000CMKII

A3対応カラーブックコピーシステム
BookPro 5000CMKII

● オーバーヘッドスキャナー「PS 5000CMKII」をスキャナー部として、「複合機」、
「タッチパネル及びパソコン」、「ソフト」で構成されたブックコピーシステム。
ブックスキャナーの出力部である複合機は、コピーやFAX、ネットワークプリンタとしての
利用など通常業務でも活用できます。



SV600
SV600

VIテクノロジー搭載カラー対応オーバーヘッドスキャナー
SV600

● 書籍や雑誌などを上向きのままスキャニング。
● 離れた位置からのスキャニングでも、広範囲で均一な安定した画像を生成する
「VIテクノロジー」搭載。
● 3秒(A3/カラー・グレー600dpi)で高速スキャニング。
● 原稿背厚30mmまでスキャニング可能。
● 軽量(3kg)・コンパクトで、お求めやすい低価格。
● 「ブック補正機能」搭載。
・本を開いた時に発生する中央の歪みを自動補正。
・綴じ部の影や原稿押さえの指跡も消去。
● 「ページめくり自動検出機能」と「タイマースキャン機能」で、
複数ページの継続スキャニングを効率化。
● 名刺や新聞の切り抜き等の小さな複数枚の原稿を、一度にまとめてスキャンし、
自動的に切り抜きます。
● 様々なクラウドサービスと簡単に直接連携。

【最大原稿サイズ】 300mm×432mm (A3より一回り大)
BookShot 3600
BookShot 3600

カラー対応オーバーヘッドスキャナー
BookShot 3600

● 文献や書籍を上向きのまま高速スキャニング。
● 光学解像度400dpiのセンサーで高品質な画像をスキャニング。
● 分厚い書籍やバインドされた資料、立体物もスキャニング可能。
● 原稿背厚100mmまでスキャニング可能。
● 使いやすさに徹底的にこだわり、直感的なアイコン操作と高ハンドリング性を実現。

【最大原稿サイズ】 316mm×475mm (A3より一回り大)
OS12002
OS12002

超高速A2サイズ対応カラーブックスキャナー
OS12002

● 自動オープン機能付きガラス押さえと、左右分割式の原稿台で、
あらゆる原稿を傷めることなくスキャン。
● 光学解像度400dpiのセンサーで高品質な画像をスキャニング。
● グレースケール1.5秒、カラー3.8秒(A2/400dpi)で高速スキャニング。
● 原稿背厚150mm(ガラス押さえ時)/200mm(ガラス押さえなし)までスキャニング可能。
● 「ブック補正機能」搭載。
・本を開いた時に発生する中央の歪みを自動補正。
・綴じ部の影や原稿押えの指跡も消去。
・サイズ検知、左右ページ切り出しもスキャン時に自動処理。
● プロフェッショナルニーズに応える多彩な画像処理機能を搭載。
・トーンカーブ補正、カラープロファイル編集、シャープネス調整など

【最大原稿サイズ】 460mm×635mm (A2より大)
OS15000
OS15000

A3サイズ光学600dpi対応ブックスキャナー
OS15000

● 光学解像度600dpiのセンサーによる高品質な画像を高速スキャニング。
● 自動オープン機能付きガラス押さえと、左右分割式の原稿台で、
あらゆる原稿を傷めることなくスキャン。
● 原稿背厚100mmまでスキャニング可能。
● 「ブック補正機能」搭載。
・本を開いた時に発生する中央の歪みを自動補正。
・綴じ部の影や原稿押えの指跡も消去。
・サイズ検知、左右ページ切り出しもスキャン時に自動処理。
● プロフェッショナルニーズに応える多彩な画像処理機能を搭載。
・トーンカーブ補正、カラープロファイル編集、シャープネス調整など

【最大原稿サイズ】 360mm×460mm (A3より一回り大)

page top