ホーム 新着情報印刷システム「SOPTECとうほく2016」の結果報告

新着情報

新着情報

印刷システム「SOPTECとうほく2016」の結果報告 [2016年7月7日]


印刷産業の展示イベント「SOPTECとうほく2016」が7月1日に仙台で開催され、
約12,000名のお客様にご来場いただきました。


〔産業展の概要〕

展 示 会 名 : 「SOPTECとうほく2016」
会     期 : 2016年7月1日(金)から2日(土)
会     場 : 仙台卸商センター 産業見本市会館
           住所:仙台市若林区卸町2-15-2

    ⇒ 展示会の詳細(SOPTECとうほく2016ホームページへ) 


ムサシブースでは
● 印刷業総合業務管理システム 「 M BOOSTER 」
● 端物印刷物Web受発注システム 「 PrintOrder 」
● 名刺・カードプリントシステム 「 MP-300Duo 」
● 表面光沢加工機 「 DC-1 」
● 超微細カットシュレッダー「 KS-1275-0105 」
● JAPANCOLOR認証対応分光光度計 「 x-rite eXact 」
を出展し、印刷会社様にご提案しました。


〔SOPTECとうほくの風景〕

SOPTECとうほくの風景

会場では約80社の出展がありました。



SOPTECとうほくの風景

SOPTECとうほくの風景

ブースでは、名刺・カードプリントシステムや超微細カットシュレッダーなどを出展し、
多くの方にシステムのご紹介を行いました。



SOPTECとうほくの風景

POD印刷物専用の多目的光沢加工機「DC-1」は、(1)PODトナーを糊の代わりに箔転写し、
型や版が不要、(2)小ロットでグロスコートや金箔加工できる、ことで特に注目を集めました。

page top