次世代型 ポータブル分光測色/濃度計 eXact

X-Rite の最新のテクノロジーを駆使した、グラフィック市場向けハンディー測色計のフラグシップモデル。世界初のISO13655:M0、M1part1、M2、M3に対応し、Japan Color認証に最適な使い易さと高性能を満たした分光タイプの測色計/濃度計です。

eXact導入でここが変わります!

  • 印刷物の数値管理ができます。
  • Japan Color認証の合否判定と修正方法が分かります。
  • 印刷物の品質保証ができます。
  • クライアントへ安定した印刷物をお届けできます。
イメージ

※クリックで拡大

こんな方は是非ご検討ください!

こんな方は是非ご検討ください! モデル別機能表 印刷を安定化(標準化)したい Japan Color認証取得したい 観察照明誤差をなくしたい 測定結果をPC管理したい

印刷を安定化(標準化)したい

イメージ

印刷工程には、ベタ濃度、ドットゲイン、トラッピング、刷版の焼度など、品質がばらつく変動要因が数多くあり、常に品質の安定した印刷物を作成するためには、印刷工程の標準化を行う必要があります。これには印刷物を客観的に評価することが必要となり、eXactは抜群の操作性で印刷工程の標準化の手助けをしてくれます。
eXactは、定期的な検査や較正に優れた再現性を示すことができます。
一例として、濃度値を利用することにより以下の品質管理が可能です。

  • 校正刷りと本機印刷のコンデションの比較
  • 校正刷りと本機印刷時の調整確認

Japan Color認証取得したい

イメージ

測色値を利用することにより以下の品質保証が可能です。

  • 原材料の色差による確認
  • 校正刷りと本機印刷間の色差による確認
  • ロット内における色差による確認
  • ジャパンカラーに基づいた色差管理

また、eXactはJapan Color 枚葉オフセット標準印刷規格、および認証用基準色をご用意してあります。

  • 測定するだけで、印刷シートがJapan Colorの基準に準拠しているかを合否判定します。
    (用意されているJapan Color テンプレート)
  1. JCS2011 Cert-Co-sb_2.cxf   Japan Color 2011 標準印刷認証用ジョブテンプレート
  2. JCS2011-Co-wb_v2.cxf   Japan Color 2011 規格値 コート紙用 ジョブテンプレート
  3. JCS2007-AC-sb_v2.cxf   Japan Color 2007 規格値 アート紙用 ジョブテンプレート
  4. JCS2007-Co-sb_v2.cxf    Japan Color 2007 規格値 コート紙用 ジョブテンプレート
  5. JCS2007-MC-sb_v2.cxf   Japan Color 2007 規格値 マットコート紙用 ジョブテンプレート
  6. JCS2007-UC_v2.sb.cxf    Japan Color 2007 規格値 上質紙用 ジョブテンプレート

※PSO、G7のテンプレートもご用意してあります。

観察照明誤差をなくしたい

イメージ

新しい印刷用紙のタイプが次々とグラフィックスマーケットに導入されており多くの用紙にOBA (蛍光増白剤)が使用されておりますが、OBAを含む用紙では観察照明のUVエネルギー量によって、用紙色やその上のインキ色の見え方が変わってしまい旧来の測定結果と実際の見え方が一致しません。
ISO13655 は,蛍光増白剤などの使用による「見え」と「測定値」の相関をとるために,新しい測定器の照明条件“M” を定義しました。

  • M0: タングステンランプの分光分布を持つ照明(現在の標準)
  • M1: D50 のUVパワーを持つ照明(将来の標準)
    1. パート1: 可視域を含む全波長でD50にマッチ→蛍光増白剤用紙&蛍光色に対応
    2. パート2: UV域のエネルギーのみD50にマッチ→蛍光増白剤用紙に対応
  • M2: UVフィルターによりUV域エネルギーがカットされた照明
  • M3: 偏光フィルタ によりUV域エネルギーがカットされた照明

eXact は世界初M1パート2に対応しており、将来の標準、蛍光増白剤用紙&蛍光色の管理を行なう事が可能です。

測定結果をパソコン管理したい

イメージ

eXactの付属ソフトウエア Data Catcherにて測定データの取り込みが可能になります。

  • エクセルなどのアプリケーションに測定データを直接取り込みます。
  • M0、M1、M2、M3のすべてに対応しています。(M0、M2、M3は1回の測定で同時取り込み可能です。)
  • BluetoothオプションのeXactでは無線で取り込み可能です。
  • 日本語対応です。

※転送できるデータタイプはモデルに依存いたします。
※Windowsのみ対応いたします。

モデル別機能表

eXact は、以下のシリーズをご用意しています。

  1. eXact デンシティ 濃度計 
    CMYKのプロセス印刷向けのソリューションで、濃度、網点面積、ドットゲイン、トラッピング等、標準的な濃度管理には十分な機能を搭載しています。
    eXactスタンダードの測定機能のアップグレードが可能です。
  2. eXact スタンダード 分光測色計
    CMYKのプロセス印刷及び特色印刷向けのソリューションで、デンシティ 濃度計の機能に加えL*a*b*の測色値、ベストマッチ機能等、特色印刷に必要な機能が搭載されています。
  3. eXact アドバンス 分光測色計
    インキ調肉、品質管理等、高度な測定内容を必要とされる分野で、多岐に渡る測定機能を必要とされる場合に最適なソリューションです。
    スタンダード 分光測色計の機能に加え、CIEXYZ、メタメリズム、分光反射率等の測定ができ、様々な解析を必要とする場面でご使用頂けます。

測定開口径

測定開口径は、以下の4種類をご用意しています。

  • 1.5mmアパーチャー
    2mmの測定パッチに対応 175L/inch以上のスクリーン線数向け
  • 2.0mmアパーチャー
    3mmから5mmの測定パッチに対応133L/inch以上のスクリーン線数向け
  • 4.0mmアパーチャー
    5mmから6mmの測定パッチに対応65L/inch以上のスクリーン線数向け
  • 6.0mmアパーチャー
    大きなサイズの測定パッチに対応 パッケージ印刷向け
    *測定開口径は、ご購入時の選択オプションです。ご購入後には変更できませんのでご注意ください。修理サービスでの対応もございません。
    (500シリーズの様にお客様で変更できるオプションのご用意はありません。)

Bluetoothオプション

eXact デンシティ濃度計とeXactスタンダード分光測色計でのBluetooth機能は、購入時の選択オプションです。ご購入後に測定機をBluetooth仕様にすることはできません。
なお、eXactアドバンス分光測色計はBluetoothが標準仕様です。

モデル別機能表1

機能 eXact Density
デンシティー
eXact Standard
スタンダード
eXact Advance
アドバンス
測定項目 CMYK濃度
特色(波長)濃度
ドットゲイン
トラッピング
プレート測定
コントラスト
印刷特性曲線
濃度トレンド
L*a*b*/L*C*h  
色差表示
ΔE76/ΔE94/ΔE00/ΔEcmc
 
ベストマッチ  
反射率データ書き出し
DataCatcher使用時
 
用紙インデックス    
メタメリズム    
着色力(相対/絶対)    

モデル別機能表2

機能 eXact Density
デンシティー
eXact Standard
スタンダード
eXact Advance
アドバンス
測定項目 隠ぺい力    
反射率グラフ    
機能項目 基本測定ツール
比較ツール
オートパッチ
検索ツール  
ジョブツール  
Japan Color/G7/PSO    
サンプルの保存    
複数ユーザー設定    
セキュリティー保護
Pantoneライブラリ  
平均測定  
インターフェース USB
Bluetooth オプション オプション

モデル別機能表3

機能 eXact Density
デンシティー
eXact Standard
スタンダード
eXact Advance
アドバンス
対応ソフトウエア eXact Manager
Data Catcher
Color iQC print   オプション オプション
Color iQC Print Basic   オプション オプション
FS InkFormulation   オプション オプション
Net Profiler 3   オプション オプション
Pantone LIVE   オプション オプション

page top